ABOUT US

板垣敬子社長

私は、2018年8月で53歳になりました。
50歳からは人生下り坂でしょうか?
いえいえ、私は50歳で転職、51歳で起業、52歳で開業しました。

では、更年期障害とは無縁だったのかというと、それはもう大有りで、この更年期の経験がYu-kiを立ち上げるきっかけとなりました。
元々、超が付く程の敏感肌なのですが、学生時代は陸上部で日に焼けまくり、社会人になってからは営業職で暴飲暴食の毎日を繰り返し、美容にはほとんど関心を払っていませんでした。それでも、若いうちはなんとかごませていたのですが、更年期になり、このごまかしが効かなくなったのです。

肌の乾燥がひどくなり、今まで使っていた化粧品がピリピリするようになり、皮膚が剥け始め、肌が魚のうろこのようにボロボロになりました。
ボロボロになった肌に、ファンデーションを塗りたくって出勤していた日々を思い出すと、今でも胸が痛みます。

その後、皮膚科に駆け込み何とか回復したものの、それからの私は、更年期を迎えて更に敏感になった肌に合う化粧品を必死で探し求めました。
実際に使ってみて、がっかりして、また探して・・・を繰り返していました。

素肌美を全面に打ち出した商品、
聞いたこともない成分が書き連ねてある商品、
若年層向けと思われる低価格商品、

たくさんありますが、更年期を経験した人が、更年期からの年齢肌に真摯に向き合って作った化粧品はあるのだろうか・・・・・。納得のいく化粧品を見つけることが出来なかった私は、化粧品会社に勤務した経験も活かし、
更年期を経験した私だからこそ作れる、年齢肌だけを考えた化粧品を作って、私と同じように悩んでいる人達の力になりたい」と一念発起して、Yu-kiを立ち上げました。
Yu-kiは、愛の思いから産まれた会社です。
そして日々、商品にも愛情を注ぎ、皆様の元へ送り出しています。

いってらっしゃい、愛を届けてきてね。

Yu-kiと出会って頂き、心から、ありがとうございます。
皆様とのご縁に感謝致します。

 


私は美容にまつわること、特に化粧品が大好きです。

『あんな商品があると嬉しいな…』

『こんな商品があると楽しいな…』と、

素朴なものから突拍子のないものまで、いつもワクワクしながら未知なる化粧品を思い描いています。

弊社代表板垣の突然の肌荒れの経緯を傍で見ていて、「ある時期を境に、こんなにも女性のお肌は急激に変化するものなのか…」と思わされました。

今まで私が考えていた化粧品の概念、“さらに美しくするもの”から、“身体とお肌の変化に寄り添って、安心して使えるもの”へと、見事に書き換えられた瞬間でした。

わたくしどものテーマは、“優しさ”と“共感”

年齢肌の悩みにフォーカスし改善、かつ、使っていただくごとに気持ちが明るくなるような≪本当に良いもの≫をたくさんの方にお届けしたい!という想いで企画から製品化まで商品に愛情を込めました。

皆さまの女性らしい豊かさをさらにひき出せるお手伝いができることを、心から嬉しく思います。